脇の黒ずみの治し方

 

脇の黒ずみの治し方について

脇の黒ずみ

脇の皮膚は他の場所と比べて意外とデリケートなため、間違った自己処理をしていると黒ずみが引き起こされてしまいます。

 

脇の黒ずみは男性でも女性でも性別に関係なく悩まされるという特徴があり、頻繁にカミソリなどで自己処理を行っていると、症状が悪化してしまうのです。

 

そこで、このサイトではどのような脇の黒ずみの治し方を行えば良いのか、詳しく説明していきます。

 

夏の水着シーズンを控えるに当たり、正しい治し方についてきちんと把握しておくようにしてください。


ピューレパールを使おう

ピューレパール

脇の黒ずみはピューレパールを使った治し方が非常に適しております。

 

ピューレパールは美容ジェルとなっており、プラセンタやビタミンC、グリチルリチン酸ジカリウムといった美白成分がギュッと凝縮されているため、肌に潤いを与えながら脇の黒ずみを改善できるのです。

 

「肌に刺激が加わるのでは?」という疑問を抱える方はおりますが、この美容ジェルは無添加・低刺激となっているので、敏感な肌にも問題なく使えるでしょう。

 

二の腕やビキニラインといったワキ以外の場所にも使用できるので、是非一度ピューレパールを使ってみてください。

 

 

>>> ピューレパールの詳細はこちら

 

 


ピーリングを行おう

ピーリングとは古い皮膚の角質を剥がし、肌のターンオーバーを促進させて新しい肌を再生させる方法のことを指します。

 

脇の黒ずみの治し方としてこのピーリングは適しており、皮膚科医が開発したピーリング剤を使用するか、皮膚科でケミカルピーリングを行うのが良いかもしれません。

 

脇の黒ずみが引き起こされているということは、肌が刺激を受けている状態だと仮定でき、皮膚のターンオーバーが正常に行われていないのです。

 

そんな状態を改善するのにピーリングが最適なのですが、人によっては合わないということも十分にあり得るので、よく自分の肌の状態をチェックしながら行うようにしてください。


パックを使おう

脇の黒ずみの治し方としてパックを使うという方法もあります。

 

脇にパックをすることで、毛穴の中に詰まった老廃物を除去し、綺麗な状態で保てるようになるのです。

 

特に、夏場となると脇は非常に汗をかきやすい部分ですし、皮脂が毛穴の中に詰まることによって黒ずみが引き起こされてしまうので、パックでごっそりと汚れを取り除くのが良いということはお分かり頂けるでしょう。


エステで治そう

エステ

カミソリや毛抜きで脇の自己処理を行っているという女性は多くいらっしゃいますが、肌に大きな負担となり、脇の黒ずみが引き起こされてしまいます。

 

そのため、エステで脇の処理を行ってもらうのがおすすめです。

 

全てのエステではありませんが、S.S.C(スムース・スキン・コントロール)という脱毛を取り入れているところがあり、肌に塗ったジェルに光を反応させ、肌に負担を掛けずに美肌を促してくれます。

 

脇の色素沈着やブツブツで悩まされているという方は、エステでこの脱毛を試してみてください。