脇の黒ずみを皮膚科で

 

脇の黒ずみを皮膚科で治そう

脇の黒ずみは、皮膚科で治すことが可能となっております。

 

皮膚科を受診すれば今の状態から完全にオサラバできるというわけではありませんが、間違った自己処理によって脇の黒ずみが悪化するというケースはあるので、専門医の診断を受けた方が良い場合もあるのです。

 

そこで、このページでは皮膚科でどのような治療が行われているのか詳しく説明しているので、興味がある方は信頼できる皮膚科を受診し、改善できるように試みてください。


ピーリング治療

自宅でもクエン酸を使って行えるピーリングですが、皮膚科でも脇の黒ずみの治療として行われております。

 

ピーリング治療を行うことによって、古くなった角質を剥がし、肌のターンオーバーを促すことで新しい肌へと再生でき、色素沈着を改善できるのです。

 

ピーリングで使われる薬剤の種類は様々で、皮膚科によって異なるという特徴がありますが、多くの場合は個人の肌の状態に合わせ、濃度の強さや塗布時間を調節してくれるので大きな効果が期待できるでしょう。

 

グリコール酸や乳酸を使ったピーリングなど色々な種類があるものの、ダウンタイムのない安全な治療なので良い結果を出せるはずです。


ハイドロキノンによる治療

「脇の黒ずみを治したい」「ニキビ跡の色素沈着を治したい」という方にはハイドロキノンによる治療が適しており、これも皮膚科で行われている施術の一つです。

 

ハイドロキノンを使った施術は美白効果が高いということで有名となっており、この薬剤には強い漂白作用が備わっているので、メラノサイトに新しいメラニン色素を作らせないように働きかけてくれます。

 

ただし、皮膚科の専門医から詳しく説明があると思われますが、ハイドロキノンを使っている最中に紫外線を浴びると、シミが濃くなる場合があるので、日中は必ず日焼け止めを使用しなければなりません。


レーザー治療

レーザー光線を当てることで既に引き起こされた脇の黒ずみを改善できますが、どちらかというとレーザー脱毛を行って黒ずみを解消するという処置が皮膚科では行われております。

 

レーザーを肌に当てると聞くと、大きな副作用が引き起こされるのではないかと不安になるかもしれませんが、現代では医療の発達により、安全に施術を受けられるようになりました。

 

1回のレーザー照射で改善されるというわけではなく、数回に渡って施術を行わなければなりませんが、脇の黒ずみを解消する選択肢の一つであることには間違いないです。


「脇の黒ずみを病院で」についてのページ