脇を中心としたデリケートゾーンの黒ずみの消し方

 

脇を中心としたデリケートゾーンの黒ずみの消し方について

皮膚の黒ずみは脇だけではなく、バストトップや陰部など、デリケートゾーンにも引き起こされることがあります。

 

デリケートゾーンの黒ずみは人には中々相談することができませんし、病院に行くのも恥ずかしいと感じる方が多いのではないでしょうか。

 

デリケートゾーンの黒ずみは、脇の黒ずみが引き起こされる原因と大きく異なるというわけではなく、皮膚が敏感なため生じていると考えられております。

 

脇の下やVラインは、ボディーソープや石鹸などに配合されるちょっとした成分による影響を受けやすく、色素沈着して黒ずみが作られてしまうのです。

 

「どのような消し方をすれば良いの?」と疑問に思うかもしれませんが、簡単に行える方法としては、日々の刺激をできる限り軽減させることだと説明できます。

 

デリケートゾーンは入浴時を除くと、下着といった衣類による刺激を常に受けており、自分のサイズに合っていなかったり、素材が適していなかったりすると黒ずみが生じるというわけです。

 

人によって個人差が生じる部分なので何とも言えませんが、コットンやシルクといったように吸湿速乾加工がされている素材は通気性が良いので、受ける刺激を少なくできます。

 

しかし、既に引き起こされた黒ずみを消せるというわけではないので、このサイトでご紹介しているピューレパールがおすすめです。

 

ピューレパールは脇の黒ずみだけではなく、膝や二の腕、ビキニラインや乳首などデリケートゾーンの黒ずみも解消できる万能なジェルなので、興味がある方は是非試してみてください。

 

 

>>> ピューレパールの詳細はこちら

 

 

さて、デリケートゾーンの黒ずみは毎日の刺激だけではなく、加齢による影響も十分に考えられます。

 

年齢を重ねるとともに肌のくすみが気になると思われますが、この現象と同じように年齢とともに肌のターンオーバーが乱れたり、女性ホルモンの分泌が減少したりするので、古い角質がきちんと剥がれず、黒ずみが引き起こされるというわけです。

 

特に、Vラインといったデリケートゾーンは紫外線の影響を受けやすく、メラニン色素が生成されて沈着しやすいので、十分に注意してケアを行っていかなければなりません。

 

そこで、デリケートゾーン専用のソープが効果的で、敏感な肌でも安心して使える製品で洗うことにより、加わる刺激を抑えられます。

 

普段使用しているボディソープや石鹸は洗浄力が強く、界面活性剤といった成分の刺激によって肌トラブルが引き起こされる可能性が増すので、大豆イソフラボンといった有効成分が配合されている製品を選びましょう。


「脇の黒ずみのケア」についてのページ