脇の黒ずみと塩

 

脇の黒ずみと塩について

脇の黒ずみや色素沈着をセルフケアする方法として、塩の利用が女性の間で流行っております。

 

塩は料理で欠かせない調味料ですし、どの家にも置いてあるはずなので、簡単に試せる脇の黒ずみの解消法なのです。

 

その使い方は非常に簡単で、普段からお使いの石鹸やボディソープの中にひとつまみの塩を入れ、脇の下を念入りに洗うだけとなっております。

 

塩が持ち合わせた研磨作用により、肌に残った古い角質や毛穴に詰まった汚れを落としてくれるので、脇の黒ずみの解消に繋がるというメカニズムです。

 

脇の黒ずみのスクラブケアと同じように、塩で肌を擦ればボディーソープと一緒に角質や汚れを綺麗に洗い流すことができます。

 

また、肌へのダメージを考慮するのならば、オリーブオイルを使ったオリーブ塩スクラブの方が良いかもしれません。

 

確かに、塩が持ち合わせた研磨作用は意外と高く、普通に肌を洗っているだけでは落とせないような角質や汚れでも綺麗に洗い流してくれます。

 

しかし、敏感肌の人にとっては大きな刺激になりやすいため、保湿効果や抗菌効果、血行促進効果を秘めたオリーブオイルを使用するのです。

 

脇の下は衣服に覆われていることが多く、雑菌が繁殖しやすくなっております。脇の黒ずみだけではなく、肌の痒みや炎症で悩まされることも少なくないため、その雑菌の繁殖を食い止めるためにもオリーブ塩スクラブは効果的なのではないでしょうか。

 

自分の肌のコンディションに合わせて作るのがベストですが、「オリーブオイルと塩を4:3で混ぜる」⇒「塩が洗い場合はすりつぶす」⇒「蒸しタオルで脇の下を温める」⇒「軽くマッサージを行うように馴染ませる」⇒「しっかりと洗い流す」⇒「入浴後に保湿ケアを行う」という流れが基本となっております。

 

肌への刺激を和らげるためにも、入浴後に脇の下に潤いを与えて保湿するのは非常に大事なのです。

 

ただし、塩を使った脇の黒ずみケアは表面的な汚れを除去できても、黒ずみの根本的な原因となるメラニン色素の発生を抑制したり沈着を防いだりという効果はありません。

 

美白効果が高いスキンケアとは言えませんし、脇の埋没毛によるボツボツの解消も難しく、あくまでも自宅療法の一つだと心得ておくべきです。

 

保湿効果の高いオリーブオイルを使用しても、乾燥肌や敏感肌の女性にとっては大きな刺激となるので、当サイトでご紹介しているピューレパールの使用をおすすめします。

 

ピューレパールはスクラブではなく、肌に保湿成分や美白成分を与えて脇の黒ずみを解消する安全な方法なので、是非一度通販で購入してみてください。

 

 

>>> ピューレパールの詳細はこちら

 

 

さて、デリケートゾーンの黒ずみは毎日の刺激だけではなく、加齢による影響も十分に考えられます。

 

年齢を重ねるとともに肌のくすみが気になると思われますが、この現象と同じように年齢とともに肌のターンオーバーが乱れたり、女性ホルモンの分泌が減少したりするので、古い角質がきちんと剥がれず、黒ずみが引き起こされるというわけです。

 

特に、Vラインといったデリケートゾーンは紫外線の影響を受けやすく、メラニン色素が生成されて沈着しやすいので、十分に注意してケアを行っていかなければなりません。

 

そこで、デリケートゾーン専用のソープが効果的で、敏感な肌でも安心して使える製品で洗うことにより、加わる刺激を抑えられます。

 

普段使用しているボディソープや石鹸は洗浄力が強く、界面活性剤といった成分の刺激によって肌トラブルが引き起こされる可能性が増すので、大豆イソフラボンといった有効成分が配合されている製品を選びましょう。


「脇の黒ずみのケア」についてのページ