脇の黒ずみの原因

 

脇の黒ずみの原因について

なぜ脇の黒ずみが引き起こされてしまうのか、疑問に思っているという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで、ここでは脇の黒ずみの原因について詳しくご説明しているので、きちんと把握するようにしてください。


メラニン色素の沈着

肌の色を決定する要素の一つであるメラニン色素の沈着は、脇の黒ずみが引き起こされる大きな原因となっております。

 

脇の黒ずみが気になるという女性は多く、服で隠れて普段は人から見られないものの、美肌と掛け離れていることは間違いないので、カミソリで処理したりお風呂で乱暴に擦ったりしているかもしれません。

 

このようなケアを長期的に続けていると、毛穴のダメージによってメラノサイトが刺激に反応してメラニン色素を出し、沈着して脇の黒ずみの原因となるのです。

 

それに、脇の間違った自己処理だけではなく、汗といった汚れをそのままにして不衛生な状態を保っていると、色素沈着を起こすことがあるので注意しましょう。


生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れは、脇の黒ずみと特に関係性がないと考えるかもしれませんが、これも原因の一つとなっております。

 

不規則な食生活を続けてホルモンバランスが乱れたり、ストレスが過度に溜まっていたりすると、新陳代謝が悪くなってしまうのです。

 

正常な状態であれば、メラニン色素は古い角質と一緒に剥がれ落ちるという特徴がありますが、上記のような生活習慣の乱れによって新陳代謝が悪くなり、脇の黒ずみが引き起こされるようになります。


自分のサイズに合わない下着

自分のサイズに合っていない下着を長期的に着用したり、皮膚を締め付けるような下着を着ることが原因で、血行不良が引き起こされてダメージが加わり、脇の黒ずみが引き起こされる可能性があります。

 

同時にリンパの流れも悪くなるという特徴があるので、肌のターンオーバーが阻害され、黒ずみが引き起こされるという仕組みです。


間違ったむだ毛の自己処理

上記でも少し説明したのですが、カミソリや毛抜きを使った間違ったむだ毛の自己処理を長期的に行っていることにより、肌にダメージが引き起こされます。

 

特に薄着やノースリーブを着る機会が多い夏場は、自己処理の回数が自然と増えるので、それだけ脇の皮膚に大きな刺激が加わるのです。

 

レーザー脱毛やエステで肌に刺激がないように処置を施してもらうのが一番なのですが、大きな費用が掛かるということで、自己処理を行っている方が多いのではないでしょうか。

 

わき毛の自己処理がいけないというわけではないものの、肌に刺激が加わらないように、十分に注意したスキンケアを行わなければならないのです。


「脇の黒ずみの原因」についてのページ