脇の黒ずみとカミソリ

 

脇の黒ずみとカミソリについて

女性にとってカミソリやシェーバーは、ムダ毛を処理するグッズとして必要不可欠であり、多くの方が利用していると思われます。

 

ドラッグストアなどで安価で手に入りますし、ムダ毛の処理と聞くとカミソリやシェーバーを頭に思い浮かべるかもしれませんが、脇の黒ずみの大きな原因になる可能性があるのです。

 

皮膚が弱いという方は特に、カミソリで脇を剃った後に痛いと感じるでしょうが、このようなケアを長期的に続けていると、知らず知らずのうちにダメージを受けて、脇の黒ずみが引き起こされます。

 

この黒ずみを改善したいということで、お風呂でゴシゴシと力を入れて洗ったとしても、更にダメージが加わるので逆効果となるのです。

 

皆さんが思っている以上に脇の皮膚はデリケートで、摩擦を加えれば加えるほど脇の黒ずみが引き起こされるということを頭に入れておかなければなりません。

 

なぜカミソリによるケアがいけないかというと、肌が刺激を受けた際にメラニン色素と呼ばれる細胞が働き、その影響で黒ずみが引き起こされてしまうからです。

 

メラニン色素は日焼けから肌を守っているという特性もありますが、多く分泌され続けると皮膚に沈着して肌の色はだんだんと黒くなっていきます。

 

「では、どのように脇のムダ毛処理をすれば良いの?」と疑問を抱える女性の方には、このサイトでご紹介しているピューレパールがおすすめです。

 

ピューレパールは非常にお求めやすい価格でありながら、カミソリのように大きな負荷を抱えずに既に生じた脇の黒ずみを消せるので、是非一度試してみてください。

 

 

>>> ピューレパールの詳細はこちら

 

 

さて、脇のムダ毛を自己処理するという場合、慎重にカミソリで剃っていたとしても、肌を傷つけてしまうことには変わりがないです。

 

肌に刃物を当てることとなるのでこれは当たり前なのですが、わき毛だけではなく皮膚の角質もそぎとってしまうため、メラノサイトが活発に働いて脇の黒ずみが生じるという仕組みとなっております。

 

確かに、毛抜きで1本1本抜くよりもダメージを防ぐことは可能ですが、皮膚への刺激は徐々に加わっているので、自分で剃るという場合はシェービングクリームといったクッションのようなものを絶対に使用しなければならないのです。

 

それでも敏感肌の方は悪影響が引き起こされるかもしれないので、なるべく自己処理ではなく、脱毛サロンで色素沈着が酷くならないように脇の脱毛を心掛けた方が良いでしょう。


「脇の黒ずみの原因」についてのページ