脇の黒ずみと重曹

 

脇の黒ずみと重曹について

脇の黒ずみは、きつい下着を着用したことによる摩擦や、わき毛の自己処理による刺激によって引き起こされることが多く、皮膚が硬くなった状態を指しております。

 

このような状態ですと、古い角質や老廃物が蓄積されているため、新しいが生まれなくなっているのですが、そんな肌への救世主として重曹が最適です。

 

嫌な匂いを抑えたり、キッチンの汚れを取り除く際に活用される重曹は穏やかなスクラブ効果を持ち合わせているため、毛穴に詰まった汚れを浮かせ、脇の黒ずみを解消してくれます。

 

重曹はアルカリ性の性質を持っており、私たちの皮膚にある角質は弱酸性となっているので、これを重曹の力で溶かして落とせるというわけです。

 

重曹はドラッグストアで簡単に入手できますし、脇の黒ずみを解消する方法として、かなり優れていることがお分かり頂けるでしょう。

 

しかし、重曹を使ったスキンケアを長期的に続けていると、肌に必要な角質まで落としてしまい、皮膚そのものがダメージを受けるという副作用が引き起こされます。

 

古い角質だけ溶かせば効果的なのですが、表皮の角質層も溶かしてしまうとメラニン色素が生成され、脇の黒ずみを克服しようと重曹を使っているのにも関わらず、ダメージを受けた皮膚は治癒しようと余計に黒くなるのです。

 

重曹を使用した脇の黒ずみケアには、以上のようなデメリットがあるので、毎日重曹を使った除去方法はおすすめできません。

 

そこで、毎日脇の黒ずみ対策をしたいと思っている方には、このサイトでご紹介しているピューレパールがおすすめとなっております。

 

ピューレパールは1日に2回のケアが推奨されており、肌が傷つくという弊害は一切ないので、是非毎日の黒ずみケアとして使ってみてください。

 

 

>>> ピューレパールの詳細はこちら

 

 

さて、脇の黒ずみを対策するにおいて、重曹の使用方法は様々となっており、「重曹を水で湿らせてコットンで脇を拭く」「重曹をそのまま脇にすり込む」といった方法が挙げられます。

 

個人によって適した方法は異なるので、一概にどれが良いのか説明することはできませんが、思っている以上に重曹の作用は強いので、肌トラブルを防ぐためにも、重曹をそのまま脇にすりこむという方法は避けるべきです。

 

特に敏感肌の方は異常が引き起こされやすく、脇の黒ずみを改善できたとしても、肌荒れが新たに引き起こされていては全く意味がありません。

 

そのため、普段から使用しているボディーソープや石鹸に、少しだけ混ぜるというケアがおすすめです。


「脇の黒ずみと重曹」についてのページ