脇の黒ずみとグリセリンカリ液

 

脇の黒ずみとグリセリンカリ液について

脇の黒ずみやデリケートゾーンの黒ずみの効果的なのが、薬局などで販売されているグリセリンカリ液と呼ばれるもので、自宅でスキンケアが行えるというメリットがあります。

 

グリセリンカリ液を聞き慣れないという方はいらっしゃるかもしれませんが、お高い通販商品などではないですし、化粧水と同じ要領でコットンに含ませて拭き取るだけで、脇の黒ずみが改善されていくのです。

 

グリセリンカリ液とは水酸化カリウムとグリセリンを含んだ液体のことを指し、皮膚を柔らかくする特徴があるため、一般的に手足のヒビ割れやあかぎれといった症状に使用されます。

 

グリセリンカリ液はアルカリ性の強い性質となっており、これが肌に悪いというわけではありませんが、アルカリが強くなるほど肌に必要な角質まで溶かしてしまう可能性があるため、十分に注意しなければなりません。

 

とは言え、「肌がモチモチとしてきた」「肌がしっとりとした」「脇の黒ずみが薄くなった」という口コミでの評価を得ている塗り薬なので、使ってみる価値は大いにあると言えます。

 

人によって効果が異なるので確実に治ると言い切れるわけではありませんし、グリセリンカリ液で肌に異常が引き起こされたという方はいらっしゃるので、もっと安全に脇の黒ずみケアをしたいのであればピューレパールが最適です。

 

ピューレパールには危険な成分は一切配合されておりませんし、ジェルを両脇に塗るだけという簡単なケアで済むので、是非試してみてください。

 

 

>>> ピューレパールの詳細はこちら

 

 

さて、脇の黒ずみを治す目的であれば、グリセリンカリ液を使うのは選択肢の一つですが、PH12の強いアルカリ性なので、敏感肌の方は気を付けた方が良さそうです。

 

そして、妊娠中の方や授乳中の方は、ホルモンバランスの乱れによって肌が敏感になっていることが多いので、グリセリンカリ液を使う前にパッチテストを行った方が良いでしょう。

 

また、目の中に入ると大変危険な塗り薬となっているので、念のため顔には使わないようにするべきです。

 

このように、使用方法に注意してグリセリンカリ液を使うのであれば良いのですが、長期的に使用していると皮膚が刺激に対して弱くなり、思わぬトラブルが引き起こされてしまうので、脇の黒ずみケアで使う場合は、自分の肌の状態を定期的に確認する必要があります。

 

もし、肌に思わしくない症状が表れたという場合は、直ぐに使用を中止し、専門医に診せた方が良いかもしれません。


「脇の黒ずみの解消方法」についてのページ