薬局による脇の黒ずみの解消方法

 

薬局による脇の黒ずみの解消方法について

脇の黒ずみを薬局で販売されている製品で解消したいと考えている方は、非常に多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

「エステサロンでケアするお金がない」「皮膚科で症状を診てもらう時間がない」という方はおり、薬局で脇の黒ずみを解消できないか考えるのは決して不思議なことではないです。

 

そこで、このページでは薬局で購入できる製品を使用した解消方法について、詳しく説明していきたいと思います。

 

しかし、個人差が生じる部分だということは間違いなく、思うような効果が表れないことはありますし、症状が悪化する可能性があるいうことを頭に入れておいてください。


ピーリング石鹸で解消しよう

ケミカルピーリングは皮膚科やエステで行われている施術の一つであり、古い角質を取り除く治療となっております。

 

保険が適用されない施術となっているので高い費用が必要なのですが、薬局で販売されているピーリング石鹸を使えば、自宅で脇の黒ずみを解消できるのです。

 

脇の黒ずみや毛穴のブツブツは直ぐにでも治療を始めなければならず、症状を放置するのは良くないので、角質を柔らかくしその後のローションが浸透しやすくなるピーリング石鹸の使用は適しております。

 

とは言え、敏感肌の方はピーリング石鹸によって肌が傷つけられることがあるので、綺麗に洗った後は保湿と美白のケアを忘れないようにしなければなりません。

 

ピーリング石鹸自体が肌に合わないということも十分にあり得るので、少しでも肌に異常を感じたのであれば、皮膚科を受診するべきです。


グリセリンカリ液で解消しよう

脇の黒ずみ専用のアイテムではありませんが、薬局ではグリセリンカリ液もしくはベルツ水が販売されており、これにはソフトピーリング効果があると言われております。

 

グリセリンカリ液の使い方は非常に簡単で、お風呂に入った後にコットンにしみ込ませ、脇に刺激を与えないように軽く拭き取るというケアを続けるだけで、脇の黒ずみがだんだんと解消されるのです。

 

個人差があるので、必ず解消できると言い切れるわけではありませんが、薬局で簡単に入手できるため、試す価値は大いにあるでしょう。

 

ただし、グリセリンカリ液は重曹と同じようにアルカリ性の高い薬剤となっており、長期的に使い続けると刺激に対して皮膚が弱くなることがあるので、十分に肌の状態をチェックしながら使用する必要があります。

 

グリセリンカリ液の注意書きにも記載されておりますが、脇の黒ずみケアであればまだしも、目や粘膜には絶対に使わないようにしてください。


「脇の黒ずみの解消方法」についてのページ