脇の黒ずみとハイドロキノン

 

脇の黒ずみとハイドロキノンについて

肌の漂白剤と呼ばれているハイドロキノンを使い、脇の黒ずみを治療できると言われております。

 

シミの大きな原因であるメラニン色素は、紫外線や活性酸素によって活性化したチロシナーゼと呼ばれる酵素によって生成されるという特徴があるのですが、ハイドロキノンがこの働きを抑制してくれるので、メラニン色素が生成されにくくなるというわけです。

 

メラニン色素は悪玉というわけではなく、日焼けから肌を守っている重要な存在なのですが、生成されすぎると脇の黒ずみといった症状が引き起こされるので注意しなければなりません。

 

一般的な美白化粧品でもある程度の効果は得られますが、ハイドロキノンは美白効果に加え、既に引き起こされたシミを還元してくれるのです。

 

他の美白成分は、シミができないように予防するか、既にできているシミを排出するか、どちらか一つの効果しか期待できないものの、ハイドロキノンであれば両方の効果が期待できます。

 

実際のところ、ビタミンCはメラニン色素の抑制をしてくれると言われておりますが、既に生じているシミにはあまり効果がなく、ハイドロキノンとは大きく異なることがお分かり頂けるでしょう。

 

一昔前は皮膚科医の処方がなければ利用できませんでしたが、現在では化粧品に配合することが認められ、ハイドロキノンが含まれたクリームなどが販売されているので、脇の黒ずみケアに欠かせないというわけです。

 

また、このサイトでご紹介しているピューレパールもハイドロキノンと同じように脇の黒ずみケアとして優れております。

 

特に有害な成分が含まれているわけでもなく、安全に脇の黒ずみを治せる素晴らしい美容ジェルとなっているので、是非試してみてください。

 

 

>>> ピューレパールの詳細はこちら

 

 

さて、ハイドロキノンは女性から注目を集めている成分なのですが、強力な働きを持っているので、この成分が配合されたクリームなどを使用する場合、用法や用量を一歩誤ると副作用が引き起こされる可能性があります。

 

確かに、美白効果があるというのは女性にとって嬉しい作用であると言えますが、白斑といって肌の一部が真っ白になるというリスクがあるので、ハイドロキノンを使って少しでも異常が生じたら直ぐに使用を止めるべきです。

 

それに、脇の黒ずみ対策として使用していると、赤みやかゆみが引き起こされるということも十分にあり得るので、性質をきちんと理解してから使用するように心掛けていきましょう。


「脇の黒ずみを化粧品で」についてのページ