脇の黒ずみと制汗剤

 

脇の黒ずみと制汗剤について

夏場という暑い季節になると汗の臭いが気になるもので、女性の方は特に注意して臭いに対するケアを行っていると思います。

 

自宅でも外出中でも気軽に臭いのケアをできる製品が制汗剤で、発汗を抑制する効果が期待できるものの、制汗剤が原因で脇の黒ずみが引き起こされている可能性があるということをご存知でしょうか。

 

大量に汗をかく夏場において、制汗剤は必要不可欠なグッズなのですが、この中には大量のパウダーが配合されており、これが毛穴の中に詰まることで炎暑を起こしたり不衛生な環境となることで、脇の黒ずみが生じるのです。

 

不衛生な環境となることで、脇に雑菌が繁殖しやすい状態となるので、黒ずみだけではなく臭いも強くなるという特徴があります。

 

制汗剤を使うことによって、脇がスースーとして気持ち良くなりますが、あまりにも至近距離でスプレーを吹きかけるといったケアを続けていると、脇の黒ずみを招いてしまうので注意が必要です。

 

確かに、制汗剤の使用量を多くすれば、それだけ臭いを抑えられると考えるかもしれませんが、沢山吹き付けたからといって臭いが解消されるわけではなく、毛穴に汚れを詰まらせる原因となることを頭に入れておかなければなりません。

 

制汗剤のスプレーの使用で脇の黒ずみが引き起こされるのであれば本末転倒なので、できる限り使わない方が良いかもしれませんが、正しい方法で使うことを心掛けていれば、大きなトラブルは生じないはずです。

 

もし、既に脇の黒ずみで悩まされているのであれば、制汗剤で症状を和らげることは絶対にできないので、このサイトでご紹介しているピューレパールを使用してみてください。

 

 

>>> ピューレパールの詳細はこちら

 

 

さて、制汗剤を使っていて「痛い」「冷たい」と感じたことがあるかもしれませんが、これは酸化チタンやアルミニウムといった成分が配合されているからです。

 

特にアルミニウムは医学的根拠はないものの、肌にあまり良くないと言われており、敏感肌の方は相性が悪い場合があるので、使用の際には十分に注意しなければなりません。

 

脇に当てると気持ちが良いからといって制汗剤を使い続けていると、その成分によって皮膚が炎症を引き起こし、色素沈着して脇の黒ずみが生じるというケースも少なくないのです。

 

脇を清潔に保つというケアは非常に重要なのですが、スプレーの使い過ぎによって大きなトラブルが引き起こされることがあるので、少しでも異常を感じたら専門医に診せた方が良いと思われます。


「脇の黒ずみに効く薬」についてのページ