脇の黒ずみとかゆみ

 

脇の黒ずみとかゆみについて

脇の黒ずみとかゆみには特に大きな関係性がないと考えるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

特にムダ毛を処理する際にカミソリを使用する方が多いのですが、肌が乾燥していたり深剃りや逆剃りをしていたりすると、カミソリ負けの大きな原因になります。

 

自己処理を頻繁に行っている女性であれば一度は経験しているかもしれませんが、カミソリ負けはかゆみが引き起こされ、そのかゆみの誘惑に負けて掻き毟ってしまうと、肌が刺激を受けて脇の黒ずみへと発展するのです。

 

脇にかく汗を放置していると、かゆみが生じることがありますが、その場合も本能のままに掻き毟ると刺激を受けて肌がメラニン色素を生成し、脇の黒ずみが生じるので注意が必要だと言えるでしょう。

 

脇の下にかゆみが引き起こされているという場合、市販で販売されている薬を使用することがあるかもしれませんが、勝手な自己判断で使用するのは危険です。

 

特にステロイド剤を使うと悪化する病気もあり、更にかゆみも増して脇の黒ずみの大きな原因となるので、迷わずに皮膚科へ行って症状を診てもらうのが得策であると説明できます。

 

とは言え、既に黒ずみが脇に生じているのであれば、自然に解消されるというケースは中々ないので、このサイトでご紹介しているピューレパールがおすすめです。

 

ピューレパールを使用するだけではなく、刺激の加わる自己処理を行わないようにする予防を心掛ける必要がありますが、このジェルは肌の保湿にもなるので是非使ってみてください。

 

 

>>> ピューレパールの詳細はこちら

 

 

さて、脇の下のかゆみは色々な原因があり、人によって違いが生じているという特徴があるので何とも言えませんが、きつい下着による締め付けがその一つです。

 

きつい下着を頻繁に着用していると、脇のかゆみ以外にもシミやおできの原因となるので、ゆったりとした下着を選ぶようにしましょう。

 

脇の刺激をなくしてしっかりと休ませてあげれば、脇の黒ずみやかゆみは生じませんし、ゆっくりと健康な状態に戻ろうとしますが、数日経ってもかゆみが引かないという場合はカビといった菌の一種が広がる体部白癬の可能性があります。

 

体部白癬は自然と治るような症状ではありませんし、放置していると掻き毟って脇の黒ずみが生じ、元の状態に戻すのが大変となるので早めに皮膚科に相談するべきです。

 

どのような治療が行われるのか個人によって異なりますが、かゆみを抑えられるということは間違いないでしょう。


「脇の黒ずみの症状」についてのページ