脇の黒ずみと角質

 

脇の黒ずみと角質について

脇の黒ずみは古くなった皮膚の角質が毛穴に詰まり、それが蓄積されることで引き起こされる症状で、厚みが出てくることでだんだんと角質層が固くなり、黒ずみとして表れる仕組みとなっております。

 

角質とは私たちの肌の一番表面にある層のことを指しており、外観でお肌が「キレイ」「美しい」というのは、角質を見て判断していると説明できるのです。

 

この角質はケラチンというタンパク質で構成されており、0,02mmと非常に薄くなっているのですが、バリアー機能を持ち合わせていて、外界の刺激や水分が肌から蒸発するのを防いでくれます。

 

正常な皮膚の状態であれば、約28日周期で古くなった角質が剥がれ落ちるのですが、肌が乾燥といった刺激を受けていると皮膚に残留するようになり、脇の黒ずみといったトラブルが引き起こされてしまうのです。

 

特に、カミソリや毛抜きといったグッズでわき毛を処理しているという女性の方は多くいらっしゃいますが、これが肌への刺激となって角質が残り、脇の黒ずみが悪化しているという可能性も十分にあるので注意しなければなりません。

 

それに、脇は汗をかきやすい部位であり、汗をかくということは毛穴が開きやすいということになるので、その分角質が毛穴に詰まって肌トラブルを引き起こしやすいと説明できます。

 

そのため、古くなった角質を除去してクリアな肌を維持しなければなりませんが、既に脇の黒ずみが引き起こされているという場合は、ピューレパールでケアを行った方が良いでしょう。

 

ピューレパールであれば、プラセンタやビタミンCといった保湿成分も配合されているので、同時に肌の潤いを保つことができるはずです。

 

 

>>> ピューレパールの詳細はこちら

 

 

さて、古い角質が残った肌は黒ずみが引き起こされるだけではなく、透明感がなくなってクスみがちとなります。

 

それに、このような状態で有効成分が配合された化粧水や乳液を付けたとしても、栄養分が浸透しづらくなるので全く意味がないというわけです。

 

このような状態を改善するためにも、スキンケアで古くなった角質を取り除くというケアが大事となりますが、ゴシゴシと擦ったり無理に皮膚を削ったりしていると、脇の黒ずみが悪化する原因となるので注意しなければなりません。

 

綺麗に角質を取り除かなければならないのですが、雑なスキンケアをしていると色々な肌トラブルの可能性が出てくるので、お風呂に入った時は丁寧に洗うように心掛けてください。


「その他」についてのページ