脇の黒ずみと電気シェーバー

 

脇の黒ずみと電気シェーバーについて

脇の黒ずみを直接的に治すような方法ではありませんが、予防として女性用電気シェーバーの使用は非常に適しております。

 

脇の下は他の部位よりも毛が密集しているため、自然とケアする回数が多くなりがちで、女性であればエチケットの一つとして念入りに処置を施しているはずです。

 

しかし、カミソリや毛抜きを使用してワキ毛の処理を行っていると、知らず知らずのうちに脇の下の皮膚に大きなダメージが加わります。

 

その結果、肌が刺激から守ろうとしてメラニン色素を放出し、それが脇の下に沈着することで脇の黒ずみへと発展していくのです。

 

女性用電気シェーバーであれば、カミソリや毛抜きと比べて肌への刺激を抑えながら除毛できるので、メラニン色素が沈着する心配はありません。

 

つまり、脇の黒ずみの予防に繋がるため、女性用電気シェーバーと除毛クリームなどを駆使して自己処理を行った方が良いのです。

 

もっと本格的に肌への刺激を抑えたいのであれば、ワキ毛を自己処理するのではなく、脱毛サロンに通った方が良いでしょう。

 

とは言え、美容サロンでの処置は意外と高いですし、毎回のように通っていると経済的な負担は大きくなるため、女性用電気シェーバーの使用が実に適しております。

 

カミソリで剃ることで肌のバリア機能を高めている角質まで削ってしまう心配がありますし、吹き出物が形成されていると一緒に切って更に傷付けるケースも多いのです。

 

脇の黒ずみだけではなく肌トラブルを引き起こす原因となるため、美肌を維持するためにも女性用電気シェーバーを使った方が圧倒的に良いと言えます。

 

高価な製品を購入しなくても、2,000円〜3,000円程度を支払えばそれなりの女性用電気シェーバーが購入できますし、除毛クリームを使っていれば更に刺激を抑えられるはずです。

 

パナソニックから販売されている製品や、Braunの「シルク・エピル ・レディーシェーバー」がおすすめで、美容サロンで使われている製品もあるためネットで探してみるのが良いかもしれません。

 

ただし、電気シェーバーを使っていても処理回数が多ければ脇の下の肌に負担をかけ、脇の黒ずみの症状が悪化する原因となるため、自己処理を行った後は欠かさずに保湿ケアを行うべきです。

 

化粧水や美容液を使って潤いを与えていれば、大きな肌トラブルに悩まされずに済みます。

 

既に脇の黒ずみが形成されているのであれば、保湿成分だけではなく美白成分も同時に配合されたピューレパールを使用してみてください。

 

 

>>> ピューレパールの詳細はこちら

 

 


「脇の黒ずみの対策」についてのページ