脇の黒ずみとレモン

 

脇の黒ずみとレモンについて

メラニン色素が反応することが原因で脇の黒ずみが引き起こされやすく、ケアを怠っているといつまでも残るシミへと発展してしまいます。

 

そこで、そのメラニンの生成を防いでくれるのが酸っぱい果物で有名なレモンで、脇の黒ずみの解消に欠かせない食べ物なのです。

 

レモンの果汁の中にはビタミンCやクエン酸といった栄養素が含まれており、漂白作用を持ち合わせているため、黒ずんだ脇の黒ずみの解消に適しております。

 

経口摂取ではなく、豆乳ローションの中にレモンの果汁を入れて肌に塗布するのも脇の黒ずみの対策として最適です。

 

豆乳ローションとレモンの使用は決して即効性があるような方法ではありませんが、安全性が非常に高く、毎日根気良くスキンケアを続けていれば美肌の維持に繋がるかもしれません。

 

作り方は非常に簡単で、「レモン2個の果汁を搾る」⇒「豆乳を弱火にかけてレモンを加える」⇒「コンロから下ろして消毒用のアルコールやエタノールを加える」⇒「キッチンペーパーの上に流し込んで冷蔵庫で冷やす」という手順となっております。

 

自宅で脇の黒ずみを治すためのスキンケア用品が作れますし、肌への浸透力を高めるために、血行が良くなっているお風呂上りに使用すると効果的です。

 

ただし、冷蔵庫で保管しても1週間程度しかもたないので、毎回レモン入りの豆乳ローションを作るのが面倒だという方は、当サイトでご紹介しているピューレパールを使用しましょう。

 

ジェルタイプのスキンケア用品なので長持ちしますし、脇の黒ずみを解消して美肌効果や美白効果を得られるので、4,750円という格安の料金で販売されているピューレパールの定期コースを注文してみてください。

 

 

>>> ピューレパールの詳細はこちら

 

 

さて、上記ではレモンの中に含まれているビタミンCがメラニンの生成を防ぐと説明致しましたが、そのまま果汁を肌に塗布しても大きな効果を得ることはできません。

 

確かに、ビタミンCは美肌に欠かせない栄養素となっているものの、そのままでは肌の奥に吸収されずに弾かれてしまうのです。

 

その点、化粧水や美容液に含まれているビタミンC誘導体であれば、肌に吸収されやすいように加工されているので、脇の黒ずみやアンチエイジングケアとして非常に適しております。

 

しかも、ビタミンC誘導体はコラーゲンの生成をサポートする効能も持ち合わせているため、浸透させることでハリのある美肌を維持できるはずです。

 

上記でご紹介した脇の黒ずみケアのジェルのピューレパールには、ビタミンC誘導体が含まれております。

 

生命維持に欠かせない栄養素が含まれたプラセンタエキスや、天然の保湿作用を持つビタミンEといった美容成分もギュっと濃縮されているので、脇の黒ずみの対策として毎日のスキンケアに取り入れてみましょう。


「脇の黒ずみの対策」についてのページ